Going Into the Hospital? What You Need to Know About Blood Clots – Japanese Translation

October 3, 2019

(BPT) ­ 世界中の4人に1人が、血栓症または血管内に形成される血栓関連の病状により死亡しています。米国と欧州では毎年、血栓症に関連する事象による死亡は、乳がん、HIV、自動車事故を合わせた死亡件数よりも多くなっています。しかし、血栓について、またその由来が驚くべきことに病院であるという事実を知る人はほとんどいません。

有害な血栓は通常、脚、鼠蹊部(そけいぶ)、または腕の深部静脈に形成されます(深部静脈血栓症、DVT)。その後、DVTは循環器系を移動し、肺に留まる可能性があります(肺塞栓症、PE)。DVTとPEを合わせて静脈血栓塞栓症(VTE)と呼ばれます。これは死に至るおそれがあることから危険です。

入院は、VTE発生の主要なリスク要因です。床上安静または回復過程にあるために運動量が低下した患者、手術またはその他の重篤な外傷による血管損傷(外傷)を発症した患者は、血栓症を発症する可能性が高くなります。

病院関連の血栓症は世界的な問題です。世界保健機関 (WHO) 主導の主要な研究によると、低所得国と中所得国における院内肺炎、カテーテル関連血流感染、血流感染症、または薬剤有害事象よりも、血栓症による死亡や障害の割合の方が多いことがわかっています。また、米国では毎年最大30万人、欧州では54万4千人が死亡しています。しかしながら、イギリスでは、イギリスの国民保健サービス(NHS)により、病院にVTEの予防措置の実施が義務付けられたことにより、この数字は過去10年間で低下しました。2010年以降、イギリスにおける退院後90日以内の死亡者数は15.4パーセント減少しています。

イギリスのNHSの例としては、病院関連のVTEの予防に焦点を当てることにより、ヘルスケアシステムが命を救い、医療費を削減できることが示されました。 ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの最近の記事(Beverley Hunt、MD、OBE著)と世界血栓症デー運営委員会議長によると、イギリスのNHS傘下の病院では、患者のリスク評価を義務付け、ガイドラインの遵守、根本原因を特定するための症例調査を実施することにより、VTEの発現率が大幅に低下しました。米国では、ジョンズ・ホプキンズ大学 が、 同様の予防プロトコルを導入した後、 VTEの発現率が40パーセント低下した と報告しました。

一部の病院と医療システムでは、VTEを予防するための同等の措置を採用していますが、それはどこにても当てはまるわけではありません。これは、血栓症を特定し、予防するために取るべき段階について、患者が医療従事者と積極的に話しをする必要性があることを意味します。入院中と退院後は、患者は、脚の痛みと圧痛、発赤と腫れ、息切れ、呼吸が速くなる、胸痛、喀血などの血栓症の徴候と症状が出ていないか注意しなければなりません。

バージニア州アーリントンに住む、血栓症からの生存者であるスコット・シールズさんは述べました。「32歳のときに交通事故により生命を脅かす複数の負傷を負いました。」しかし、病院での回復期に左大腿に深部静脈血栓症(DVT)を発症しました。私は毎日、理学療法のセッション中に医師と連絡を取り合っていたため、新たに発生した突然の足の痛みに注意したため、迅速な治療を受けることができました。」

シールズさんが伝えるように、医療従事者とオープンなコミュニケーションを取ることが予防には不可欠です。患者は、

 

 

 

 

入院が安全であり、血栓をはじめとする有害事象のリスクは最小限に抑えられていることを知りながら、自分自身もケアについて擁護できる状態にあると感じられるようでなければなりません。

リスクを評価し、VTEを防ぐために入院患者は、次の手順を実施する必要があります。

  • 医療従事者に、 VTEリスク評価、患者の年齢、病歴、治療薬、および特定のライフスタイル要因に関する情報を収集し、血栓の潜在的なリスクを識別するツールまたはアンケートを実施できるか尋ねてください。
  • VTEの予防に役立つ弾性ストッキングや抗凝固薬などの治療オプションについて質問してください。
  • 処方薬をはじめとする治療は指示に従い、質問があれば尋ねてください。
  • 入院中と退院後は、できる限りアクティブに体を動かしてください。

血栓に関する詳細については、世界血栓症デー のウェブサイトをご確認ください。世界血栓症デーは、毎年10月 13日で、国際血栓止血学会(ISTH)が主催しています。

Related Campaign News

  • Social media is essential for the World Thrombosis Day (WTD) campaign [...]

  • In this series, World Thrombosis Day (WTD) shares interviews with members [...]

  •  Basketball Legend Kareem Abdul-Jabbar Shares His AFib Diagnosis Story Kareem Abdul-Jabbar [...]